フランス版アカデミー賞:セザール賞について、フランス語で学ぼう

フランス版アカデミー賞:セザール賞について、フランス語で学ぼう

みなさん、Bonjour !

今回のセリアン先生のニュースはこちら

「フランス版アカデミー賞:セザール賞について」

みなさんは、セザール賞をご存知でしたか?

セザール賞とは、1975年にジョルジュ・クラヴァンヌによって、米アカデミー賞に匹敵する賞を導入してフランス映画の振興をはかる目的で設立されました。毎年1月にノミネート作品が発表され、ノミネート作品はシャンゼリゼ通りのバルザック・シネマで上映されます。授賞式は毎年2月でパリのシャトレ座で行われます

セザール賞の名前の由来は、設立者であるクラヴァンヌの友人であった彫刻家のセザール・バルダッチーニにちなんでおり、トロフィーはセザールの作品です

今年、2018年の受賞作品も紹介します

セザール賞から、フランス語の語彙を少し勉強してみましょう^^

作品賞(Meilleur film):Meilleur(e)は「最も」、Filmは「映画」を意味します

『BPM ビート・パー・ミニット』(仏)

“Au revoir là-haut(See You Up There)”(仏・カナダ)

“Barbara”(仏)

“Le Brio”(仏)

“Patients”(仏)

“Petit paysan(Bloody Milk)”(仏)

“Le sens de la fête(C’est La Vie!)”(仏・カナダ・ベルギー)

監督賞(Meilleur réalisateur):réalisateur「監督」

ロバン・カンピヨ 『BPM ビート・パー・ミニット』
アルベール・デュポンテル “Au revoir là-haut(See You Up There)”
マチュー・アマルリック “Barbara”
ジュリア・デュクルノー 『RAW 少女のめざめ』(仏・ベルギー・伊)

Hubert Charuel “Petit paysan(Bloody Milk)”
ミシェル・アザナヴィシウス “Le Redoutable”(仏)
エリク・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”

主演男優賞(Meilleur acteur):acteur(actrice)「男優(女優)」

スワン・アルロー(Swann Arlaud) “Petit paysan(Bloody Milk)”
ダニエル・オートゥイユ “Le Brio”
ジャン=ピエール・バクリ “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”
ギヨーム・カネ 『ロックンロール』“Rock’n Roll”(仏)(監督:ギヨーム・カネ)


アルベール・デュポンテル “Au revoir là-haut(See You Up There)”
ルイ・ガレル “Le Redoutable”
レダ・カティブ(Reda Kateb) 『永遠のジャンゴ』

主演女優賞(Meilleur actrice)

ジュリエット・ビノシュ 『レット・ザ・サンシャイン・イン』“Un beau soleil intérieur(Let The Sunshine In)”(仏・ベルギー)


ジャンヌ・バリバール “Barbara”
エマニュエル・デュヴォス “Numéro Une(Number One)”(仏)
マリナ・フォイス(Marina Foïs) “L’Atelier(The Workshop)”(仏)
シャルロット・ゲンズブール “La Promesse de l’aube(Promise At Dawn)”(仏)
カリン・ヴィアール “Jalouse”(仏)
Doria Tillier “Monsieur et Madame Adelman(Mr & Mme Adelman)”(仏・ベルギー)

助演男優賞(Meilleur acteur dans un second role) :dans un second role「二番目の役の、助演の」

ニエル・アレストリュプ “Au revoir là-haut(See You Up There)”
ロラン・ラフィット(Laurent Lafitte) “Au revoir là-haut(See You Up There)”
ジル・ルルーシュ(Gilles Lellouche) “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”
ヴァンサン・マケーニュ “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”
Antoine Reinartz 『BPM ビート・パー・ミニット』

助演女優賞(Meilleur actrice dans un second role)

Laure Calamy 『アヴァ』“Ava”(仏)(監督:Léa Mysius)
アナイス・ドゥムースティエ “La Villa”(仏)(監督:ロベール・ゲディギャン)
サラ・ジロドー(Sara Giraudeau) “Petit paysan(Bloody Milk)”
アデル・エネル 『BPM ビート・パー・ミニット』
メラニー・ティリー “Au revoir là-haut(See You Up There)”

有望若手男優賞(Meilleur espoir Masculin):espoir「期待、希望」、masculin「男性の」

Benjamin Lavernhe “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”
フィネガン・オールドフィールド(Finnegan Oldfield) “Marvin ou la Belle Éducation(Reinventing Marvin)”(仏)
パブロ・ポーリー(Pablo Pauly) “Patients”
ナウエル・ペレース・ビスカヤート(Nahuel Pérez Biscayart) 『BPM ビート・パー・ミニット』
アーノード・ヴァロワ(Arnaud Valois) 『BPM ビート・パー・ミニット』

有望若手女優賞(Meilleur espoir Féminin):féminin「女性の」

アイリス・ブリー(Iris Bry) 『ガーディアンズ』“Les Gardiennes(The Guardians)”(仏・スイス)(監督:グザヴィエ・ボーヴォワ)
Laetitia Dosch “Jeune Femme(Montparnasse Bienvenüe)”(仏)(監督:Léonor Serraille)
アイ・アイダラ(Eye Haidara) “Le sens de la fête(C’est La Vie!)”
カメリア・ジョルダナ(Camélia Jordana) “Le Brio”
ギャランス・マリリエ(Garance Marillier) 『RAW 少女のめざめ』

オリジナル脚本賞(Meilleur scénario original):scénario「シナリオ」、original(e)「オリジナルの」

『BPM ビート・パー・ミニット』 ロバン・カンピヨ
“Barbara” マチュー・アマルリック、フィリップ・ディ・フォルコ(Philippe di Folco)

『RAW 少女のめざめ』 ジュリア・デュクルノー
“Petit paysan(Bloody Milk)” Claude Le Pape、Hubert Charuel
“Le sens de la fête(C’est La Vie!)” エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ

脚色賞(Meilleure adaptation):adaption「脚色」

“Au revoir là-haut(See You Up There)” アルベール・デュポンテル、ピエール・ルメートル、原作:ピエール・ルメートルの『天国でまた会おう』
『ガーディアンズ』“Les Gardiennes(The Guardians)” グザヴィエ・ボーヴォワ、フレデリック・モロー(Frédérique Moreau)、原作:アーネスト・ペロション(Ernest Pérochon)の“Les Gardiennes”
“Patients” Grand Corps Malade、Fadette Drouard、原作:Grand Corps Maladeの“Patients”
“La Promesse de l’aube(Promise At Dawn)” エリック・バルビエ、マリー・エイナール(Marie Eynard)、原作:ロマン・ガリーの“La Promesse de l’aube”
“Le Redoutable” ミシェル・アザナヴィシウス 原作:アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝“Un an après”

撮影賞(Meilleure photographie):photograhie「写真、写真撮影(法)、描写、再現」

『BPM ビート・パー・ミニット』 ジャンヌ・ラポワリー(Jeanne Lapoirie)
“Au revoir là-haut(See You Up There)” ヴァンサン・マティアス(Vincent Mathias)
“Barbara” クリストフ・ボーカルヌ
『ガーディアンズ』“Les Gardiennes(The Guardians)” キャロリーヌ・シャンプティエ
“Le Redoutable” ギヨーム・シフマン(Guillaume Schiffman)

編集賞(Meilleur montage):montage「段取り、企画」

『BPM ビート・パー・ミニット』 ロバン・カンピヨ
“Au revoir là-haut(See You Up There)” クリストフ・ピネル(Christophe Pinel)
“Barbara” フランソワ・ジュディジエ(François Gedigier)
“Petit paysan(Bloody Milk)” ジュリー・レナ(Julie Lena)、Tristan Corbeille、Grégoire Pointecaille
“Le sens de la fête(C’est La Vie!)” ドリアン・リガール=アンスー(Dorian Rigal Ansous)

美術賞(Meilleurs décors):décors「装飾、装飾美術」

『BPM ビート・パー・ミニット』 エマニュエル・デュプレ(Emmanuelle Duplay)
“Au revoir là-haut(See You Up There)” Pierre Quefféléan
“Barbara” Laurent Baude
“La Promesse de l’aube(Promise At Dawn)” Pierre Renson
“Le Redoutable” クリスチャン・マルティ(Christian Marti)

衣裳賞(Meilleurs costumes):costume(s)「衣装」

『BPM ビート・パー・ミニット』 イザベル・パルティエ(Isabelle Pannetier)
“Au revoir là-haut(See You Up There)” ミミ・レンピカ(Mimi Lempicka)
“Barbara” パスカリーヌ・シャヴァンヌ(Pascaline Chavanne)
『ガーディアンズ』“Les Gardiennes(The Guardians)” アナイス・ロマン(Anaïs Romand)
“La Promesse de l’aube(Promise At Dawn)” カトリーヌ・ブシャール(Catherine Bouchard)

録音賞(Meilleur son):son「音」

『BPM ビート・パー・ミニット』 Julien Sicart、ヴァレリー・ドゥロ(Valérie de Loof)、ジャン=ピエール・ラフォルス(Jean-Pierre Laforce)
“Au revoir là-haut(See You Up There)” ジャン・ミノンド(Jean Minondo)、Gurwal Coïc-Gallas、シリル・オルツ(Cyril Holtz)、Damien Lazzerini
“Barbara” オリヴィエ・モーヴサン(Olivier Mauvezin)、ニコラ・モロー(Nicolas Moreau)、Stéphane Thiébault
『RAW 少女のめざめ』 マチュー・デカン(Mathieu Descamps)、セヴラン・ファヴリオ(Séverin Favriau)、Stéphane Thiébault
“Le sens de la fête(C’est La Vie!)” パスカル・アルマン(Pascal Armant)、セリム・アザシ(Sélim Azzazi)、ジャン=ポール・ユリエ(Jean-Paul Hurier)

オリジナル音楽賞(Meilleure musique originale):musique「音楽」

『BPM ビート・パー・ミニット』 アルノー・レボティーニ(Arnaud Rebotini)
“Au revoir là-haut(See You Up There)” クリストフ・ジュリアン(Christophe Julien)
『RAW 少女のめざめ』 Jim Williams
“Petit paysan(Bloody Milk)” Myd
“Visages, villages(Faces Places)”(仏)(監督:アニエス・ヴァルダ、JR) マチュー・シェディッド(Matthieu Chedid)

第1回作品賞(Meilleur premier film):premier「最初の、一回目の」

『RAW 少女のめざめ』(仏・ベルギー・伊) 監督:ジュリア・デュクルノー
“Jeune Femme(Montparnasse Bienvenüe)”(仏) 監督:Léonor Serraille
“Monsieur et Madame Adelman(Mr & Mme Adelman)”(仏・ベルギー) 監督:Nicolas Bedos
“Petit paysan(Bloody Milk)”(仏) 監督:Hubert Charuel
“Patients”(仏) 監督:Grand Corps Malade、Mehdi Idir

短編映画賞(Meilleur court métrage):court(e)「短い」、métrage「(フィルムの)尺数」

“Les Bigorneaux(The Winkles)”(仏/25min) 監督:アリス・ヴィヤル(Alice Vial)
『フランス人として』“Le Bleu Blanc Rouge De Mes Cheveux(French)”(仏/21min) 監督:Josza Anjembre
『ゲット・アップ キンシャサ!』“Debout Kinshasa !(Wake Up Kinshasa!)”(仏・コートジボワール・コンゴ/20min) 監督:Sébastien Maitre
“Marlon”(ベルギー・仏/20min) 監督:Jessica Palud
“Les Misérables”(仏/16min) 監督:Ladj Ly

ドキュメンタリー賞(Meilleur film documentaire):documentaire「ドキュメンタリーの、資料・記録に基づく」

“12 Jours (12 Days)”(仏) 監督:レイモン・ドゥパルドン
“À voix haute : La Force de la parole(Speak Up)”(仏) Stéphane de Freitas、Ladj Ly
“Carré 35”(仏・独) 監督:エリック・カラヴァカ(Eric Caravaca)
『私はあなたのニグロではない』“I am not your Negro”(米・仏・ベルギー・スイス) 監督:ラウル・ペック
“Visages,Villages(Faces Places)”(仏) 監督:アニエス・ヴァルダ、JR

アニメーション賞(Meilleur film d’animation):d’animation「アニメーションの」

“Le grand méchant renard et autres contes(The Big Bad Fox And Other Tales)”(仏) 監督:バンジャマン・レネール(Benjamin Renner)、Patrick Imbert
“Sahara”(仏・カナダ) 監督:Pierre Coré
“Zombillenium”(仏・ベルギー) 監督:アルチュール・ド・パンス(Arthur de Pins)、Alexis Ducord

短編アニメーション賞(Meilleur court métrage d’animation)

“Le Jardin de minuit(Midnight’s Garden)”(仏) 監督:ブノワ・シュー(Benoît Chieux)
“Pépé le Morse (Grandpa Walrus)”(仏) 監督:Lucrèce Andreae
『The Bald Future』“Le Futur sera chauve(The Bald Futue)”(仏) 監督:ポール・カボン(Paul Cabon)
“I Want Pluto To Be A Planet Again”(仏) 監督:Marie Amachoukeli、ヴラディミール マヴォーニア-コウカ(Vladimir Mavounia-Kouka)

外国映画賞(Meilleur film étranger):étranger「海外の、外国の」

“The Nile Hilton Incident”(スウェーデン・デンマーク・独・仏) 監督:Tarik Saleh
『ダンケルク』(米・英・オランダ・仏) 監督:クリストファー・ノーラン
“L’Échange des princesses(The Royal Exchange)”(仏・ベルギー) 監督:マルク・デュガン(Marc Dugain)
『ラブレス』(ロシア・ベルギー・独・仏) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
『ラ・ラ・ランド』(米) 監督:デイミアン・チャゼル
『婚礼』“Noces”(ベルギー・仏・ルクセンブルク・パキスタン) 監督:Stephan Streker
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン・デンマーク・米・仏) 監督:リューベン・オストルンド

名誉セザール賞(César d’honneur):d’honneur「名誉の」

ペネロペ・クルス

観客賞(César du Public):public「公の、公共の、聴衆の」

“Raid Dingue” 監督:ダニー・ブーン

ソース

http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_4.html

フランス語の記事を読む

http://www.parismatch.com/Culture/Cinema/Cesar-2018-nos-photos-inedites-de-la-soiree-1474952

それでは今回はここまで

Au revoir ! (さようなら)