2月2日は、クレープの日!「la Chandeleur(ラ・シャンドルー)」

2月2日は、クレープの日!「la Chandeleur(ラ・シャンドルー)」

今回はフランスの2月のイベントについてご紹介します

フランスでは2月2日が「la Chandeleur(ラ・シャンドルー)」と言って、クレー
プを食べる日になります

la Chandeleurは、別名Fête des chandellesとも言い、「ろうそく祭り」を意味します

クリスマスから40日後のこの日を、聖母マリアの清める祝日としてフランスでは古くから祝われてきました

なぜクレープを食べるのか、というと、クレープの形と色は「太陽」を思わせ、良い天気の再来を示すからです

一年の幸福と繁栄を祈りながら、手にコインを握ってクレープを作り、食べます
日本では、2月3日が節分、豆まきの日ですね

豆をまくことで、鬼(邪気)を追い払い、家の中に福(幸福)を呼び込みます

春に向けた清めのイベントの一つと言えるでしょう
日本でもフランスでも、春に向けた清めのイベントがあるのは面白い共通点ですね